まるで水彩画?! ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の伝説ライン


皆さまこんばんは!
ギャラリーレア青山表参道店スタッフです。

いつもより暖かかった今日11月17日の昼。
スタッフはあることに気がつきました。。。(°v°)
ハイブランドの代表格、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のご紹介をしていないということに。

過去にシャネル(CHANEL)やエルメス(HERMES)は紹介していたのですが・・・なぜ!?

と言うことで、今日はルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)です。
ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)も表参道にブティックがあるご近所さんです。

表参道駅A1出口を上がってそのまま原宿方面に歩くと、ほどなく左手にルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のブティックがあります。

ちなみにギャラリーレア青山表参道店は表参道駅A4出口を出て徒歩1分ほどなので、ルイ・ヴィトンのブティックからもすぐです。

それでは戻りまして、、、せっかくなので今回はちょっと珍しいルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のアイテムをご紹介いたします。

今回はモノグラム・ウォーターカラー(Monogram Water Color)です。

モノグラム・ウォーターカラーは2008年の春夏コレクションとして発表されました。
通常のモノグラムのアイコンを水彩絵の具でなぞったような遊び心あふれるコレクション。
当時はスピーディとパピヨン、アパレル小物などが展開されていました。

このモノグラム・ウォーターカラーの特徴は、絵の具の”かすれ感”や”にじみ感”を再現するために、なんと17色ものカラーを使って表現されています。

ポップな色使いで普段見慣れたモノグラムキャンバスに、また違ったかわいらしい魅力を与えていますね!(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ
発売当初はそのキュートさ、フェミニンさから大人気商品となりました。

女性らしいものがお好みの方は白地のモノグラムキャンバスの”ブロン”がおススメです。
白いモノグラムキャンバスに淡いピンク系のウォーターカラーペイントがされていますので、ふわりとした印象になります。

そして甘さの中にも大人っぽさを演出したい方には、ブラウンベースのマロンです。
シックなモノグラムキャンバスにウォーターカラーでアクセントを加えたヴィトンらしい”遊び”のきいたデザインがたまりません。

そして実はこれらのウォーターカラーラインはすでに製造がアウトしているようで、今となっては神出鬼没!
伝説のラインなのです。( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾
ご興味のある方はぜひチェックしてみてください!

*お写真の商品に関してはお気軽にお問合せください。